ロシナンテの高級ホテル宿泊記

国内のシティホテルを中心とした宿泊記

ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー クラブダブル宿泊記

今回はANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューのクラブフロア、クラブダブルルームの宿泊記です。

f:id:roshinante7676:20190710184028j:plain

ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

最寄り駅はゆいレール壺川駅、那覇空港駅からは10分ほどで到着。

壺川駅からも徒歩10分ほど。

ホテルへは、坂道を上がります。

住宅街のなかにホテルがありました。

f:id:roshinante7676:20190710184101j:plain

立派な大型シティリゾートホテルです。

f:id:roshinante7676:20190710184125j:plain

今回はこちらのクラブフロアに宿泊します。

ANAクラウンプラザホテルに限らず、ホテルのクラブフロアは利用したことがなかったので、今回はじめてクラブフロアに宿泊します。

(クラブフロアの客室だけなら、前回ANAクラウンプラザホテル神戸で客室アップグレードしてもらい利用しました。)

クラブラウンジの利用が楽しみです。

f:id:roshinante7676:20190710184201j:plain

ホテルロビー

シーサーさんがお出迎え。

チェックインです。

クラブフロア宿泊者は、クラブラウンジのレセプションでチェックイン可能らしいですが、はじめてのホテルですし普通にフロントでチェックインします。

外国人スタッフが対応してくれましたが、クラブフロアならびにクラブラウンジについての説明は軽め。

ベルによる客室への案内も基本的にはないようです。

f:id:roshinante7676:20190710184414j:plain

お部屋に向かいます。

クラブフロアは客室上層階の8,9階

クラブラウンジが最上階の10階です。

f:id:roshinante7676:20190710184503j:plain

エレベーターは3基、カードキーによるセキュリティはありません。

f:id:roshinante7676:20190710184558j:plain

9階クラブフロアのエレベーターホールです。

ダークな大人な雰囲気です。

f:id:roshinante7676:20190710184637j:plain

客室階廊下はちょっと薄暗い。

f:id:roshinante7676:20190710184843j:plain

この日のお部屋です。

f:id:roshinante7676:20190710184912j:plain

クラブダブルルーム(25㎡)です。

落ち着いた雰囲気のダブルルームです。

f:id:roshinante7676:20190710184942j:plain

広すぎず、狭すぎずひとりならちょうど良いお部屋です。

f:id:roshinante7676:20190710185108j:plain

ダブルベッド

窓際にひとり掛けのソファ

f:id:roshinante7676:20190710185217j:plain

デスクとテレビ

f:id:roshinante7676:20190710185324j:plain

ミネラルウォーターは2本サービスです。

コーヒーのドリップポッドもあります。

こちらもクラブフロア特典です。

ANAクラウンプラザのスリープアドバンテージもありました。

f:id:roshinante7676:20190710190103j:plain

冷蔵庫の有料飲料にはオリオンビールもありました。

f:id:roshinante7676:20190710190147j:plain

ティーセットなど

ANAクラウンプラザホテルでは、ミニバーにカップヌードルがありますね。

f:id:roshinante7676:20190710190300j:plain

引き出しにナイトウェア。

クラブフロアでもバスローブはありませんでした。

f:id:roshinante7676:20190710190343j:plain

クローゼットは広め。

スリッパは使い捨てタイプでした。

f:id:roshinante7676:20190710190520j:plain

バスルームです。

f:id:roshinante7676:20190710190552j:plain

広くはありませんが、シンクはそれなのにスペースがあります。

アメニティも一通り。

ところで、ANAクラウンプラザホテルでは神戸でもそうでしたが、ハンドソープが置いてありません。

固形石鹸です。

ちょっと使いにくいです。

f:id:roshinante7676:20190710190843j:plain

バスルームと寝室は、ガラス窓にブラインドが下ろされています。

f:id:roshinante7676:20190710191006j:plain

ブラインドを開けるとこんな感じでベッドが見えます。

f:id:roshinante7676:20190710191110j:plain

寝室側からはこんな感じ。

外の景色が見えるわけでもないので、あまり意味はありませんね。

さて、部屋からの眺望は…

f:id:roshinante7676:20190710191320j:plain

高台にあることもあり、景色は開けています。

f:id:roshinante7676:20190710191406j:plain

住宅街の中なので、周辺はマンション等が多いですね。

f:id:roshinante7676:20190710191505j:plain

眼下はホテルのプールです。

ハーバービューホテルの名称ですが、部屋から海までは見えません。


クラブラウンジに向かってみます。

最上階の10階です。

f:id:roshinante7676:20190710191742j:plain

ルームキーを差し込むとラウンジの扉が開きます。

スタッフに部屋番号を伝えます。

好きな席に自由に座ります。

f:id:roshinante7676:20190711123700j:plain

想像よりもこじんまりした印象ですが、ホテルのクラブラウンジはこんなものなのでしょうか。

f:id:roshinante7676:20190711123736j:plain

入室した時には、さほど利用客はいません。

18:00過ぎのカクテルタイムの時間のようです。

f:id:roshinante7676:20190711123813j:plain

この時間はアルコールも全てフリーです。

f:id:roshinante7676:20190711123857j:plain

たくさんのお酒が並びます。

f:id:roshinante7676:20190711124003j:plain

ソフトドリンクもあります。

f:id:roshinante7676:20190711124102j:plain

お酒のつまみが並びます。

f:id:roshinante7676:20190711124143j:plain

お洒落なおつまみですが、食事という感じではありません。

f:id:roshinante7676:20190711124250j:plain

あくまでお酒のお供です。

端の席に着席すると、スタッフがおしぼりを持ってきてくれました。

f:id:roshinante7676:20190711124338j:plain

アルコールは好まないので、コーヒーをいただきます。

お酒好きの人には堪らないでしょうね。

空港の航空会社ラウンジのような雰囲気です。
(ほとんど利用したことはないですが…)

利用客はそれなりにいましたが、混雑することはありません。

落ち着いた雰囲気の大人の空間です。

はじめはどんなものかと緊張しますが、慣れてくるとゆっくりできて、落ち着く空間ですね。

f:id:roshinante7676:20190711124414j:plain

だいぶ日も暮れてきましたので、そろそろお部屋に戻ります。

なかなか良いラウンジでした。

f:id:roshinante7676:20190711124438j:plain

すっかり日が暮れて、夜景が広がります。

f:id:roshinante7676:20190711124512j:plain

マンションが多いです。

f:id:roshinante7676:20190711124556j:plain

眼下のホテルプールサイドでは、ディナーブッフェでしょうか、楽しそうに盛り上がっていました。


f:id:roshinante7676:20190711124736j:plain

翌朝

f:id:roshinante7676:20190711124827j:plain

朝食は一般のホテルレストランでも可能ですが、せっかくなのでクラブラウンジの朝食に行ってみます。

f:id:roshinante7676:20190711124950j:plain

朝のクラブラウンジです。

f:id:roshinante7676:20190711125025j:plain

明るい雰囲気です。

席は自由です。

好きな席に着席すると、スタッフが卵料理のメニューを持ってきてくれます。

オムレツを注目してみました。

f:id:roshinante7676:20190711125206j:plain

ホテルのオムレツです。

ラウンジで提供される料理の種類は正直言ってかなり少なめ。

がっつり食べるものはありません。

ほんとに軽めの朝食になります。

f:id:roshinante7676:20190711125424j:plain

その為か、この時間のラウンジ利用客はかなり少なく、自分の他に2,3組だけでした。

クラブフロア宿泊者でも、一般のホテルレストランを利用する人が多いのでしょう。

ゆっくり食事したい人には、ラウンジでの朝食(軽めですが)も良いですね。

f:id:roshinante7676:20190711130042j:plain

部屋に戻って、チェックアウトは11時迄。

事前にネットでのカード払いだったので、こちらのホテルが前払い制なのかはわかりません。

f:id:roshinante7676:20190711130313j:plain

場所的に、ゆいレールの駅からちょっと距離があるのは微妙ですが、ANAのしっかりした格式あるホテルでした。

今回はクラブフロアに宿泊して、はじめてホテルのクラブラウンジを利用してみましたが、なかなかよかったです。

最初は慣れないものでも、慣れてしまえば居心地よくて、ゆっくりくつろげる空間でした。

また利用したいですね。

f:id:roshinante7676:20190711130718j:plain


ちなみに、こちらのANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューですが、宿泊後にホテル運営会社が変更になりました。

インターコンチネンタルホテル(IHG)との契約が終了して、ANAクラウンプラザの冠がはずれます。

今後は「沖縄ハーバービューホテル」として営業していくようです。

ホテルの客室や施設はそのまま、スタッフも変更せずに表向きは名称変更だけですが、ANAのホテルではなくなるのは、ちょっと残念でもあります。

宿泊料金なども変更があるのかも知れません。

今後どういったホテルになるのか、ちょっと気になるところではあります。

ANAクラウンプラザホテル神戸 宿泊記 クラブダブルルーム

今回はANAクラウンプラザホテル神戸の宿泊記です。

f:id:roshinante7676:20190624104031j:plain

ANAクラウンプラザホテル神戸は、JR新神戸駅に隣接するオリエンタルアベニューというビルの上層階に入る高層ホテルです。

新幹線利用なら新神戸駅を出て直ぐの立地なので非常に利便性の高いホテルです。

神戸の中心部三ノ宮からは地下鉄で一駅、3分です。

ホテルメインエントランスは4階

フロント&ロビーは広々していて、立派。

この日は深夜の到着でしたが、スムーズにチェックイン。

支払いは前払いでした。

当初はスタンダードダブルルーム(22㎡)で予約していましたが、上層階のお部屋にアップグレードしていますとのこと。

そして上層階というのは“クラブフロア”なのであります。

景色の良い上層階でクラブフロアだけの充実のアメニティ、さすがにクラブラウンジへのアクセス権まではありません。

無料でのアップグレードですし、遅い時間だったのでクラブラウンジの営業自体も終了していますから、そこまでは望みません。

アップグレードしてくれて、少しでも良いお部屋にアサインされることは、ホテルに宿泊するときに最も嬉しい時ですね。

お部屋に向かいます。

客室階行きエレベーターの上層クラブフロアへは、セキュリティがなされています。

f:id:roshinante7676:20190624110325j:plain

カードキーを差し込まないとクラブフロア階には停止しません。

f:id:roshinante7676:20190624110357j:plain

31階のクラブフロアです。

f:id:roshinante7676:20190624110502j:plain

こちらのお部屋です。

f:id:roshinante7676:20190624110607j:plain

クラブダブルルームです。(22㎡)

f:id:roshinante7676:20190624110640j:plain

十分な広さがある、良質なお部屋です。

f:id:roshinante7676:20190624122023j:plain

ダブルベッドにひとり掛けソファ。

f:id:roshinante7676:20190624122947j:plain

デスクに大型テレビ

ANAクラウンプラザのスリープアドバンテージがあります。

f:id:roshinante7676:20190624123048j:plain

ティーセット

ミネラルウォーターは2本無料

f:id:roshinante7676:20190624123347j:plain

冷蔵庫は空でした。

ANAクラウンプラザホテル神戸では、ミニバーは撤去しているようです。

イクラスホテルらしくルームサービスメニューは充実していますし、オリエンタルアベニュー内にはコンビニとスーパーもありますので問題ないでしょう。

f:id:roshinante7676:20190624123713j:plain

クローゼットには、アイロンや体重計もありました。

f:id:roshinante7676:20190624123822j:plain

引き出しにはバスローブが!

クラブフロアだけのアメニティです。

高級ホテルの証です。

f:id:roshinante7676:20190624124014j:plain

バスルームです。

f:id:roshinante7676:20190624124219j:plain

広くはないですが、問題ありません。

アメニティは一通り揃っています。

f:id:roshinante7676:20190624124603j:plain

さて、高層階からの景色は…

f:id:roshinante7676:20190624124858j:plain

素敵な神戸の夜景が広がります。

f:id:roshinante7676:20190624125020j:plain

ハーバーランドの港方面の夜景が綺麗です。

f:id:roshinante7676:20190624125229j:plain

右手はホテル裏手の六甲山

上層階のクラブフロアは落ち着いていて、ゆっくり休めます。

翌朝

f:id:roshinante7676:20190624125445j:plain

良い眺めです。

f:id:roshinante7676:20190624125520j:plain

山の緑がきれいです。

ハーブ園のロープウェイが見えます。

f:id:roshinante7676:20190624125728j:plain

メリケンパークのホテルオークラ神戸やオリエンタルホテルなども見えますね。

海の方まで見渡せる素晴らしい眺望です。


朝食はロビーフロアの4階

カジュアルダイニング「ザ テラス」

f:id:roshinante7676:20190624125911j:plain

明るくカジュアルな雰囲気です。

f:id:roshinante7676:20190624130046j:plain

レストランスタッフの感じが良かったです。

f:id:roshinante7676:20190624130132j:plain

メニューはごく普通。

パンの種類が豊富にありました。

コーヒーはポットで席まで持ってきてくれます。

福岡のANAクラウンプラザホテルでもそうでした。

ANAクラウンプラザホテルのサービスなのでしょう。

f:id:roshinante7676:20190624130341j:plain

平日朝なので、のんびりした雰囲気でゆっくり食事できました。

チェックアウトは正午まで。

時間までお部屋でのんびり。

f:id:roshinante7676:20190624130500j:plain

眼下は北野異人館

f:id:roshinante7676:20190624130710j:plain

カードキーを返却してチェックアウト。

フロントの手続きもスムーズです。

ホテルロビーは広々ゆったりしていて、カフェもありました。

f:id:roshinante7676:20190624130956j:plain


今回初めての利用でしたが、客室アップグレードがありクラブフロアの上質なお部屋で景色も良くゆっくりできたのでとても良い感じを受けました。

これまでにも、何度か客室アップグレードの経験はありますが、こういう対応があるホテルにはまた泊まりたいと思えますね。

フロントやレストランスタッフの雰囲気も良く、ハイクラスホテルらしい対応でした。

立地も新神戸駅隣接、三ノ宮にも地下鉄で一駅。

今回は日曜日泊だったこともありますが、一泊朝食付きのスタンダードダブルの予約で12,500円。

ホテルのグレードや立地を考えればとてもリーズナブル。

神戸だけでなく、大阪方面への移動もスムーズなので、ビジネスでも観光でも利用価値の高い便利なハイクラスホテルでした。

ホテルオークラ神戸 宿泊記

今回は、ホテルオークラ神戸の宿泊記です。

f:id:roshinante7676:20190617210154j:plain

ホテルオークラ神戸は、神戸メリケンパークにそびえ立つ35階立ての高層シティホテルです。

f:id:roshinante7676:20190617210952j:plain

立派な大型シティリゾートホテルです。

f:id:roshinante7676:20190617211151j:plain

ハーバーランド側から

ホテルオークラ神戸と神戸ポートタワーメリケンパークオリエンタルホテル

f:id:roshinante7676:20190617211343j:plain

メリケンパークから見上げるホテルオークラ神戸

f:id:roshinante7676:20190617211457j:plain

ちょうどトワイライトタイムです。

f:id:roshinante7676:20190617211542j:plain

ホテル正面には、立派な滝が流れています。

ホテルエントランス前には複数のタクシーが、そしてドアマンが在中していました。

f:id:roshinante7676:20190617211719j:plain

ホテルロビーです。

広々していて、まさに高級ホテルの雰囲気です。

左手のフロントでチェックインします。

チェックインはサインと連絡先の記入のみ。

ただ、支払いは前払いです。

実はこのホテルには、過去に一度宿泊したことがあります。

その時も前払いだったと記憶しています。

じゃらんなどのサイトからの予約では、どうやら前払い制のようです。

前払いには不満はないですが、高級ホテルとしてはどうなんですかね。

ベルボーイによる、部屋への案内はしっかりあります。

今回は遠慮しておき、自分でお部屋に向かいます。

f:id:roshinante7676:20190617212502j:plain

エレベーターは6基、ほとんど待つこともありません。

f:id:roshinante7676:20190617212551j:plain

この日のお部屋は20階

f:id:roshinante7676:20190617212713j:plain

四方に客室が並びます。

この日のお部屋です。

f:id:roshinante7676:20190617212814j:plain

スタンダードツインルームです。

f:id:roshinante7676:20190617212842j:plain

十分な広さがあります。

f:id:roshinante7676:20190617212939j:plain

イクラスホテルらしい、落ち着いたお部屋です。

f:id:roshinante7676:20190617213048j:plain

窓際に2つのチェア

無料のミネラルウォーターが2本

f:id:roshinante7676:20190617213156j:plain

Panasonicの大型テレビとデスク

デスクはあまり奥行きがないですが、シティリゾートホテルですからビジネス利用は少ないでしょうからさほど問題ないでしょう。

f:id:roshinante7676:20190617213454j:plain

ティーセットなど

f:id:roshinante7676:20190617213529j:plain

有料ドリンクがあります。

ルームサービスメニューも充実している辺りは、さすが高級ホテルです。

f:id:roshinante7676:20190617213739j:plain

クローゼットです。

広々しています。

部屋に貸し傘があるのが珍しいですね。


f:id:roshinante7676:20190617213916j:plain

バスルームです。

f:id:roshinante7676:20190617213944j:plain

ツインルームなので狭くはないですが、スタンダードルームなので、さほど広さはありません。

アメニティ類はしっかり揃っており不足ありません。

f:id:roshinante7676:20190617214137j:plain

最近は、ビジネスクラスのホテルでも洗い場付きなどの広いバスルームが多いので、高級ホテルでも老舗だとちょっと狭くなってしまいます。

さすがにスイートなどの上級ランクの客室では広々バスルームではありますが…


さて、このホテルは神戸ハーバーランドにある高層ホテルです。

お部屋からの眺望に期待が高まります。

f:id:roshinante7676:20190617214623j:plain

今回は東側、ポートアイランドと神戸市街地のビル群が広がります。

f:id:roshinante7676:20190617214908j:plain

眼下は阪神高速と国道のバイパス

f:id:roshinante7676:20190617215041j:plain

六甲山系の山側

素晴らしい夜景が広がります。

f:id:roshinante7676:20190617215153j:plain

この日は月が綺麗に見えました。

素敵な夜になりました。

f:id:roshinante7676:20190618103038j:plain

翌朝

f:id:roshinante7676:20190618103057j:plain

朝食はロビー階、カフェレストラン「カメリア」

f:id:roshinante7676:20190618103122j:plain

メニューは一通り

f:id:roshinante7676:20190618103202j:plain

レストランスタッフの接客が丁寧で、コーヒーはスタッフが淹れてくれます。

高級ホテルでの優雅な朝食です。

f:id:roshinante7676:20190618103448j:plain

ソファがたくさんある広いメインロビー

f:id:roshinante7676:20190618103547j:plain

ロビー前は日本庭園になっています。



通常のチェックアウトは正午まで。

それでも十分ゆっくりできるのですが、今回の宿泊はレイトチェックアウトプランでチェックアウトはなんと14:00まで。

閑散期の平日だったのでこのようなプランがあったのかもしれませんが、昼過ぎまで高級ホテルにのんびり滞在できるのでとても充実したホテルライフが送れました。

前払い済みなのでチェックアウトはルームキーの返却だけです。

ホテルエントランスにはタクシーが沢山待機しています。

ホテルと三ノ宮駅間はホテルバスが20分おきに走っています。(メリケンパークオリエンタルホテルと共同運行)

JR元町駅までは歩けない距離ではないですが、ホテルバス利用が便利ですね。

ホテルスタッフの接客対応も気持ちがよく、想像通りの高級ホテルでした。

レイトチェックアウトプランだったこともあり、高級ホテルでゆっくりすることができ、良い時間が過ごせました。

ホテルグランヴィア大阪 デラックスシングル 宿泊記

今回はホテルグランヴィア大阪の宿泊記です。

f:id:roshinante7676:20190526003642j:plain

ホテルグランヴィア大阪は、JR大阪駅ビル内にある駅直結のホテルです。

ホテルグランヴィアは、JR西日本グループのハイクラスホテルで大阪の他に、京都,岡山,広島の各駅に直結または隣接している高級シティホテルです。

f:id:roshinante7676:20190526004203j:plain

大阪駅ビルの南側、サウスゲートビルディングの上層階がホテルになります。

f:id:roshinante7676:20190526004326j:plain

大阪駅の改札口からもすぐの立地

エントランス&ホテルフロントは1階です。

f:id:roshinante7676:20190526004507j:plain

こちらがメインエントランス?

f:id:roshinante7676:20190526004553j:plain

こじんまりしています。

f:id:roshinante7676:20190526004659j:plain

駅ビルの大丸側にもエントランスがあります。

エントランスを入ると1階フロント&ロビー

f:id:roshinante7676:20190526004813j:plain

土曜日の夕方で、ロビーはとても混雑していました。

イクラスホテルらしく、フロント脇の案内係がフロントに案内してくれます。

チェックインは住所等の記入はありますが、比較的スムーズ、支払いも求められませんでした。

ベルは居ません、エレベーターで客室階に向かいます。

エレベーターは5基あります。

f:id:roshinante7676:20190526005520j:plain

エレベーターホールは広々していますが、エレベーターが5基あるもののだいぶ待たされます。

客室は20~27階と全室高層階。

27階はグランヴィアフロア,いわゆるクラブフロアのようです。

f:id:roshinante7676:20190526005712j:plain

建物を囲むように客室が並びますが、内側にも部屋があります。

f:id:roshinante7676:20190526005837j:plain

吹き抜けに面した、いわゆる眺望無しの部屋です。

イクラスホテルではありますが、駅ビルホテルでもありますから、様々な需要もあるのでしょう。

自分は景色が見えないと嫌なので、今回は眺望のあるデラックスシングルという部屋を予約しました。

この日のお部屋です。

f:id:roshinante7676:20190526010235j:plain

f:id:roshinante7676:20190526011402j:plain

26階のデラックスシングルという部屋です。(20㎡)

第一印象は「ベッドが小さい!」

f:id:roshinante7676:20190526011509j:plain

ダブルベッド以上のダブルルームばかり宿泊しているので、シングルベッドはかなり小さく感じます。

f:id:roshinante7676:20190526011921j:plain

よくよく見ると、どうやらこの部屋はもともとコンパクトなツインルームのようです。

ベッド1台の替わりにロングソファとデスクがあります。

f:id:roshinante7676:20190526012851j:plain

デスク

f:id:roshinante7676:20190526013304j:plain

無料貸出スマホがありました。

テレビは小ぶりの壁掛け

f:id:roshinante7676:20190526014002j:plain

ティーセットは玄関脇に。

インスタントコーヒーはなく、緑茶だけ。

無料のミネラルウォーターが1本も冷蔵庫は空。

f:id:roshinante7676:20190526014153j:plain

ちなみにエレベーターホールの自販機はホテル価格。

駅構内にコンビニも複数あるのでそちらをご利用下さい。

バスルームはコンパクト

f:id:roshinante7676:20190526014543j:plain

アメニティも最低限

f:id:roshinante7676:20190526014616j:plain

洗い場付きなどの広々バスルームを経験した後だと、余計に残念です。


さて、26階の部屋からの眺望は…

f:id:roshinante7676:20190526014859j:plain

まさに大阪駅の真上、大阪梅田のど真ん中です。

f:id:roshinante7676:20190526015002j:plain

高層ビル群が乱立します。

右手の奥行きのないビルはヒルトンホテル大阪。

正面には筒型のマルビル(大阪第一ホテル)

f:id:roshinante7676:20190526015355j:plain

左手は、大阪市郊外の街並みが広がります。

f:id:roshinante7676:20190526015434j:plain

日がくれて、ビルに明かりが点りました。

f:id:roshinante7676:20190526015535j:plain

f:id:roshinante7676:20190526015602j:plain

高層階とはいえ、駅前はさすがに騒音がありますね。

大阪駅直上という一等地なので、眺望は文句無しです。

翌朝

f:id:roshinante7676:20190526105452j:plain

快晴でした。

f:id:roshinante7676:20190526105511j:plain

朝食は19階レストラン「フルーヴ」でブッフェ

f:id:roshinante7676:20190526105614j:plain

日曜朝で、待たされることはありませんでしたが混雑していました。

f:id:roshinante7676:20190526105723j:plain

メニューは和洋折衷、大阪らしくたこ焼きがあったり、ご飯は五目ご飯と鯛茶漬け。

f:id:roshinante7676:20190526105955j:plain

テイクアウトコーヒーもありました。

チェックアウトは正午まで。

駅上という最高の立地なので、時間までゆっくりしてから出発することができます。

チェックアウト時に支払い、対応もスムーズでした。

駅上という立地で、大小多くの宴会場も備えるシティホテルなので、多くの学会などが開催されていました。

ホテルロビーやエレベーターが混雑していたのはそのせいです。

駅上というこれ以上ない立地のシティホテルなので、利便性はたいへん良いです。

ただこのホテルは、眺望の有り無しや広さなど部屋のカテゴリーが多く、価格帯も上下の幅が大きいです。

立地を考えれば、価格は仕方ないのかもしれません。

予約の際に部屋のタイプをしっかり確認すれば納得して利用できるホテルかと思います。

プレミアホテル門司港 プレミア海峡デラックスツイン 宿泊記

今回はプレミアホテル門司港の宿泊記です。

f:id:roshinante7676:20190513035754j:plain

プレミアホテル門司港は、北九州の観光地,門司港にあるホテルです。

九州の陸の玄関口、北九州の中心,小倉駅から電車で10分ほどで門司港駅に到着です。

f:id:roshinante7676:20190513035858j:plain

終着駅(正確には起点駅)の頭単式ホームが旅情を誘いますね。

f:id:roshinante7676:20190513040205j:plain

大正ロマンを感じる門司港駅の駅舎

f:id:roshinante7676:20190513040252j:plain

当時の駅舎が復元されていました。


門司港駅を出て、徒歩2,3分でホテルがあります。

f:id:roshinante7676:20190513040459j:plain

船舶のかたちを模した外観のおしゃれなデザイナーズホテルです。

f:id:roshinante7676:20190513040615j:plain

ホテル周辺は、門司港レトロ地区です。

みやげ物屋やカフェなどが連なります。

f:id:roshinante7676:20190513040645j:plain

ホテルエントランス

f:id:roshinante7676:20190513040705j:plain

想像以上におしゃれなホテルです。

ロビー

f:id:roshinante7676:20190513040733j:plain

チェックインです。

フロントですぐの対応、住所や連絡先はすでに印字されており、サインだけ。

支払いの求めもありません。

この日は日曜泊でしたが、朝食は混雑が予想される為におおよその来店時間を伝えてくれ、ということでしたので8時からとしました。

お部屋に向かいます。

客室へのエレベーター前にはスタッフが在中していましたが、荷物を運んでくれるベルではありません。

f:id:roshinante7676:20190513040842j:plain

7階のエレベーターホール。

客室階廊下は明るい雰囲気です。

この日のお部屋です。

f:id:roshinante7676:20190513040939j:plain

プレミア海峡デラックスツインという部屋になります。

f:id:roshinante7676:20190513041023j:plain

かなりゆったりとしたデラックスなツインルームです。

f:id:roshinante7676:20190513041102j:plain

窓側にデスクとソファ

f:id:roshinante7676:20190513041207j:plain

f:id:roshinante7676:20190513041229j:plain

そして、窓からは目の前に広がる関門海峡の眺め

f:id:roshinante7676:20190513041408j:plain

f:id:roshinante7676:20190513041448j:plain

ゆっくりとした時間が流れます。


ミニバーやグラスは、玄関脇にきれいに並べられていました。

f:id:roshinante7676:20190513041930j:plain

無料のミネラルウォーターが2本

f:id:roshinante7676:20190513042238j:plain

冷蔵庫は空、有料飲料はありませんが、チョコレートがサービスで置かれていました。

f:id:roshinante7676:20190513042258j:plain

こういったサービスは嬉しいですね。

f:id:roshinante7676:20190513042342j:plain

左手のミニバーの扉をずらすと、右手がクローゼットになっています。

f:id:roshinante7676:20190513042458j:plain

スリッパもしっかりとしたものでした。

この向かいがバスルームです。

f:id:roshinante7676:20190513042616j:plain

非常に広々しています。

f:id:roshinante7676:20190513042717j:plain

アメニティもきれいに並べられています。

f:id:roshinante7676:20190513042801j:plain

ドライヤーも最新鋭でとっても使いやすいものでした。

f:id:roshinante7676:20190513042902j:plain

トイレは独立した個室です。

f:id:roshinante7676:20190513042938j:plain

そしてバスルームは洗い場付き

f:id:roshinante7676:20190513043036j:plain

浴槽も広くてゆっくりできます。

清掃もしっかりされており、清潔でとても使いやすいバスルームです。

廊下の話し声が若干気になりましたが、夜になれば静かで落ち着いて過ごせました。

f:id:roshinante7676:20190513043610j:plain



翌朝

f:id:roshinante7676:20190513072756j:plain

快晴です。

f:id:roshinante7676:20190513072820j:plain

朝の港町の風景

f:id:roshinante7676:20190513072923j:plain

気持ちがいいですね。

f:id:roshinante7676:20190513103440j:plain

朝食は2階のレストランで。

予約時間の8時ちょうどに向かいましたが、5分ほど待たされました。

予約はあんまり関係ないみたいです。

店内はおしゃれなレストランといった感じですが、例のごとくあちらの方々が多く混雑しているようです。

f:id:roshinante7676:20190513104207j:plain

今は何処に行っても外国人観光客ばかりで、ここ門司港も観光客の多くが外国人でした。

店内は、料理が並ぶブッフェ台スペースと食事テーブルが別れていました。

混雑もあり料理がちょっととりにくかったです。

f:id:roshinante7676:20190513104125j:plain

メニューは一通り。

明太子や辛子高菜などの福岡の名産に、関門海峡のフグの一夜干しもありました。

鮭がとっても美味しかったですね。

f:id:roshinante7676:20190513104558j:plain

マフィンにチョコチップビスケットまで、パン類も豊富にありました。

いただきませんでしたが、ホテルの朝食ブッフェにしては珍しくスパークリングワインまでありました。

ゆっくり食事して、満足できました。

f:id:roshinante7676:20190513104927j:plain

チェックアウトは11時まで、チェックアウト時に支払いを済ませます。

領収書も封筒に入れてくれましたよ。

スタッフの対応にも不満なく、ホテルを後にしました。

f:id:roshinante7676:20190521052506j:plain

観光地のリゾートホテルというだけあって、部屋も広々、景色も良くてとてもゆっくりできるホテルでした。

今回は日曜泊の1泊朝食付きで17,280円でした。

部屋のランクや立地、ツインルームのシングルユースということも考えると決して割高感はありませんでした。

門司港という場所もなかなか魅力的な観光地ですから、ちょっとゆっくりしたい時にはおすすめなホテルだと思います。

f:id:roshinante7676:20190521052529j:plain

ANAクラウンプラザホテル千歳 デラックスダブル 宿泊記

今回はANAクラウンプラザホテル千歳の宿泊記です。

新千歳空港利用時に宿泊しました。

新千歳空港からホテルバスもありますが、この日は電車で向かいました。

新千歳空港駅から2駅の千歳駅が最寄りです。

千歳駅から徒歩5分ほどでしょうか。

ただ、はじめてだったり荷物が多いともう少し遠く感じるかもしれません。

駅近といえばそうなのですが、駅前ではないちょっと微妙な距離です。

ホテル手前には、イオンショッピングセンターがあります。

f:id:roshinante7676:20190501002610j:plain

こちらがANAクラウンプラザホテル千歳です。

f:id:roshinante7676:20190501002654j:plain

立派な大型のシティホテルです。

f:id:roshinante7676:20190501002816j:plain

ロビーも天井が高く広々していて立派です。

チェックインでは住所の記入とサインで、支払いは求められませんでした。

以前、福岡のANAクラウンプラザホテルに宿泊した時に、IHGの会員登録しましたので、会員特典でミネラルウォーターが1本無料サービスでいただけました。

翌日のホテルから空港へのバスは予約制ということで、チェックイン時に時間指定で予約します。

先着順のようですから、遅く着いて早く出発する時は満席ということもあるのかも知れません。

その場合は電車利用になるのかと。

ホテルバスについては、ホテルに要確認ですね。


さて、お部屋に向かいます。

f:id:roshinante7676:20190501002930j:plain

エレベーターは3基

エレベーターホールも広々しています。

f:id:roshinante7676:20190501003006j:plain

この日の部屋は、客室最上階の11階です。

お部屋です。

f:id:roshinante7676:20190501003043j:plain

デラックスダブルルームです。

f:id:roshinante7676:20190501003115j:plain

枕がたくさんあるダブルベッドです。

f:id:roshinante7676:20190501003149j:plain

デスクとひとり掛けソファ

f:id:roshinante7676:20190501003224j:plain

テレビ台

f:id:roshinante7676:20190501003254j:plain

f:id:roshinante7676:20190501003429j:plain

先ほど1本いただきましたが、お部屋にも無料のミネラルウォーターがありました。

f:id:roshinante7676:20190501003342j:plain

f:id:roshinante7676:20190501003406j:plain

冷蔵庫内には有料ドリンクと引き出しにはスナック菓子もありますが、ホテル館内の1階にコンビニ(ファミリーマート)がありましたので、そちらを利用すればいいでしょう。

古いホテルではありますが、リニューアルされているのか部屋は古さは感じられません。

f:id:roshinante7676:20190501003508j:plain

クローゼットは扉付き、中にはアイロンもありました。

f:id:roshinante7676:20190501003539j:plain

バスルームはさほど広くはありません。

f:id:roshinante7676:20190501003621j:plain

アメニティは揃っていました。


さて、部屋からの眺望は…

f:id:roshinante7676:20190501003707j:plain

千歳の街明かりが広がります。

f:id:roshinante7676:20190501003746j:plain

周辺に高い建物はありません。

f:id:roshinante7676:20190501003833j:plain

朝には北海道らしい雄大な山々が遠くに見えました。

f:id:roshinante7676:20190501003907j:plain

空も広くて、気持ちが良い景色です。

f:id:roshinante7676:20190501004002j:plain

朝食は1階レストラン「ハスカップ

おしゃれな感じです。

f:id:roshinante7676:20190501004051j:plain

店内も広めです。

f:id:roshinante7676:20190501004116j:plain

メニューは、スープカレーに北海道じゃがいもやにしんなど北海道ならではの料理が多くありました。

f:id:roshinante7676:20190501004157j:plain

混雑もしておらず、ゆっくり食事できました。

スタッフの対応もよかったですね。

持ち帰りコーヒーもありました。

f:id:roshinante7676:20190501004242j:plain

チェックアウトは11時まで。

空港へのバスの時間前にチェックアウトして、ホテルバスで新千歳空港に向かいました。

f:id:roshinante7676:20190501004311j:plain

部屋も広くてスタッフの対応もよかったので、さすがはANAのホテルです。

f:id:roshinante7676:20190501004348j:plain

それでいて、宿泊料金は比較的リーズナブルだったので非常にコストパフォーマンスがよかったです。

新千歳空港利用時は、新千歳空港内のエアターミナルホテルや千歳駅前のビジネスホテル利用でもいいかもしれませんが、ちょっとリッチなホテルに安く泊まれるこちらのホテルもおすすめですね。

また利用したいと思えるホテルでした。

第一ホテル東京シーフォート ハーバービューダブル 宿泊記

今回は第一ホテル東京シーフォートの宿泊記です。

第一ホテル東京シーフォートは、天王洲アイルのシーフォートスクエアにあるホテルです。

この日は、羽田空港から向かいましたが、羽田空港からはモノレールですぐの便利な場所です。

ちなみに、りんかい線天王洲アイル駅は少し離れた場所にありますので、ホテルまで距離があります。

モノレール天王洲アイル駅からシーフォートスクエア内を進むとホテルエントランスがあります。

f:id:roshinante7676:20190416143057j:plain

2階にフロント、1階がホテルレストラン。

チェックインはサインのみ、支払いも求められませんでした。

ただ、朝食券をこの時渡されず、後でフロントに確認して受け取れたので良かったですが、ハイクラスホテルとしてはこれはいただけません。

さて、お部屋に向かいます。

エレベーターは2基だけですが、さほど待つことはありません。

f:id:roshinante7676:20190416224202j:plain

こちらのホテル客室は23~27階と全室高層階。

部屋数はそれほど多くないようです。

この日のお部屋は24階。

f:id:roshinante7676:20190416224039j:plain

ハーバービューダブルルームです。

f:id:roshinante7676:20190416224117j:plain

十分な広さがあります。

f:id:roshinante7676:20190416224238j:plain

ベッド

f:id:roshinante7676:20190416224319j:plain

デスクは広めです。

デスク上には色々ありますが、赤いチェアの座り心地も悪くないので仕事にも充分なデスクです。

ミネラルウォーターは無料サービスです。

コーヒーマシンは有料のようです。

しかもフロントで販売…使い勝手は良くないですね。

f:id:roshinante7676:20190416224417j:plain

冷蔵庫にも有料ドリンクがありました。

ルームサービスの営業は無いようです。

シーフォートスクエア内に、コンビニ(セブンイレブン)がありましたので、そちらを利用すればいいでしょう。

f:id:roshinante7676:20190430225712j:plain

大きめのテレビは壁掛け、その脇にティーセットのグラスが並べられています。

高級ホテルらしい、なかなか良いインテリアでもあります。

f:id:roshinante7676:20190430225819j:plain

そして、天井には“シーリングファン”があります。

リゾートホテルらしくて、こちらもなかなか良いインテリアです。

f:id:roshinante7676:20190430225857j:plain

バスルームは狭くはありませんが、まあ普通です。

f:id:roshinante7676:20190430225935j:plain

ダブルルームなので、ひとり利用でもタオルやアメニティは2つずつありました。

f:id:roshinante7676:20190430230439j:plain

そして、こちらのホテルの魅力は部屋からの眺望です。

f:id:roshinante7676:20190430230512j:plain

お台場、レインボーブリッジの夜景が見事に見えました。

f:id:roshinante7676:20190430230803j:plain

眼下には新幹線の回送線があり、新幹線の往来も見れます。

個人的に部屋からの眺望は、そのホテルの良し悪しを大きく左右しますが、こちらは大変素晴らしい夜景で十分満足です。

いくら広くて過ごしやすい部屋やサービスがあっても、眺望ががっかりだとそのホテルの評価はあまり高くできませんから。

第一ホテル東京シーフォートのハーバービューダブルルームは、部屋,眺望ともにともに満足できる客室だと思います。

f:id:roshinante7676:20190430230948j:plain

翌朝

朝食は1階レストラン「グランカフェ」

f:id:roshinante7676:20190430231052j:plain

吹き抜けの開放的なレストランです。

席への案内はなく自由席のようですが、ちょっと普通のレストランという感じではなく、名前の通りカフェのような雰囲気の空間です。

カジュアルという感じでしょうか。

しかもお食事中カードなどもありませんでした。

この日は空いていたので問題なかったですが、混雑時はどうなんですかね。

f:id:roshinante7676:20190430231130j:plain

料理の種類はごく一般的なもので、特に珍しいものはありませんでした。

シューアイスなんかがありましたね。

持ち帰りコーヒーもありました。

f:id:roshinante7676:20190430231239j:plain

チェックアウトは正午まで。

部屋に戻って、時間までのんびりできます。

シーリングファンや部屋からの眺望など、都会のリゾートといった感じですね。

チェックアウト時に支払いです。

領収書はしっかり封筒に入れてくれました。

ホテルからモノレール駅もすぐなので、移動も便利です。


チェックイン時に朝食券の渡し忘れこそありましたが、部屋,眺望など総合的には充分満足できるホテルでした。

羽田空港からのアクセスも良いですし、お値段はそれなりではありますがちょっとリッチに過ごしたい時には、利用してもよいホテルではないでしょうか。